intipujol blogs

出産祝いは何が欲しい?

知り合いの子が子供を産んだので、何かお祝いを買おうと思っています。
自分自身、子供が生まれるまでは可愛いとか見た目で選んでいたのですが、自分が子供を産んでからは何なく欲しいものが分かるなってきました。
わかるようになってきたからこそ、悩む部分もあり、今、何をあげようか悩んでいます。

素直にいえば、現金でもらうのが一番ありがたいのですが、それは流石に無粋ですし、駄目かなって思っています。
後は、オムツですが、オムツは子供を産んでみて分かるのは、親によって使うオムツの種類が分かれてるので、変に買ってしまうと、使用しないといけないって気になりますよね。
服も可愛いと思うのですが、それこそ好みがありますので、相当仲の良い子じゃないかぎり、やめた方が良いかなって思います。

うーん、そう考えると、何が良いのかなと考えてしまいます。
私が貰ってこまるのは良く分からないおもちゃとタオルだったので、それだけはさけたいとは思っているんですけどね(笑)


我が家で飼っている金魚

我が家では飼い始めて1年になる金魚が2匹います。
引越しが多い我が家では、賃貸暮らしが続くために今までペットを飼ったことがありませんでした。

しかし、1年前の夏に子どもが金魚すくいをしたら、見事にすくうことが出来ました。
ものすごく喜んでいる子どもを見ると、我が家では飼えないとはとても言えませんでした。
金魚すくいの金魚はすぐに死んでしまうと聞いたことがあったので、長く飼うことはないだろうと思って家に連れ帰りました。

さすがに洗面器はかわいそうだったので、ホームセンターで金魚用の水槽セットを購入しました。
家でセットして、水槽に放してあげました。
子どもは毎日のように水槽をのぞきながら餌をやったり話しかけたりしていました。

そんな子どもの様子を見ていると、私も金魚を長く飼ってあげたいと思うようになりました。
定期的に水替えをしてキレイな水を保ったり、金魚の調子が悪くなれば薬をあげたりと、気が付くと私が一番にお世話をしていました。
そのためか金魚はすくすくと大きくなり、連れて帰ってきた時の3倍以上になりました。
1年を超えた時にはとても嬉しかったです。

今では親子ともに、金魚たちが泳ぐ姿に癒されています。
いつまでも元気でいてもらいたいと思います。


飲んだ後はそーめんで締めてます。

今住んでいる家の近くに行きつけの居酒屋がありまして、そこには2次会か3次会くらいに行くことが多いのですが、もはや飲みに行っているというよりはそうめんを食べに行ってます。
というのも、最近かなり太ってきてしまって、飲んだあとにシメのラーメンを食べるという感じにはなかなかならないという話をその店の常連たちと話していると、オーナーがじゃあそうめんに
したらどうだという話をしだしまして、私たち常連が行ったとき専用ということで裏メニューでそうめんを用意してくれるようになりました。

だいた23時から25時くらいの間にその店に行って、焼酎をちびちびやりながらシメのそうめんを食べて常連さんたちと1時間くらい会話をして、徒歩3分の家に帰って泥のように眠るというのが最近の定番です。
実際ラーメンで締めていたころより少し痩せたような気がしますし、そうめんで締めた次の日の方が体調的にも安心だったりするので不思議なものです。

周りの友人にいっても飲んだ後の締めはやっぱりラーメンという人間多いですが、年齢重ねて胃がもたれるようになって来ると本当にそうめんおすすめになってきますので是非試してみて欲しいです。
とくに40代に突入した方は絶対におすすめです。


世界にひとつだけの…?

「手作り市」に行ってきましたー!

最近、ハンドメイドの雑貨とかアクセサリーに凝ってるんですよ!

既製品にも良いものはたくさんあるんだけど、

他の誰かも全く同じモノを持ってるんだって思うとなんかちょっと複雑なんです…

自分に個性が無いんじゃないか…みたいな?

世界にひとつしかないモノを持ってるって、

それだけで「もしかして自分はすごいんじゃないか」って気持ちが湧いてくるんです。

あれ?それってわたしだけなのかな?(笑)

そんなこんなで、ハンドメイドの雑貨とかアクセサリーにハマったわたしは、

各地で定期的に開催されている「手作り市」にちょくちょく足を運んでいるんです。

作品の特徴だとか、作品に込められた作家さんの思いだとか、その他いろいろ、

作家さんと直接お話ができるのが「手作り市」の良いところです。

サイズの調整など、自分の希望に合わせて加工してもらえたりもするので、

とっても便利でありがたいです!

中には顔見知りになった作家さんもいて、「手作り市」の楽しみも増えました。

いろいろな作家さんの作品に触れるうちに、

自分も何か作ってみたいという願望も起こってきました!

不器用なので道のりは険しそうですが、

いつか「手作り市」で出店できたらいいなぁって思ってます!


うちのセキセイインコみかん

 我が家にはうちに来て、5年になるセキセイインコ、「みかん」がいます。

オスで、色は黄色で首周りに少し緑が入っています。

 ホームセンターのジョイフルホンダで買ったのですが、その時は、まだエサをスプーンで与えられていた状態でした。

プラスチックのかごの中にたくさんインコの雛がいる状況で、私が指を出すとすぐに寄ってくる人懐っこさにひかれ、みかんを選びました。

 選ぶ時に、オスがおしゃべりするということで、オスが良かったのですが、雛の頃は見分けが付かないと言われ区別のつかないまま飼い始めました。

 家で、子供達とオスかメスかわからないから、一応毎日話しかけようと、毎日名前を呼びかけていましたが、1ヶ月過ぎても、2ヵ月過ぎてもちっとも喋りませんでした。

「メスだったんだね」と、諦めて過ごして半年ほどすると、いきなり「みかんちゃん、みかんちゃーん」と話し始め、家族で大喜びしました。

 今では、冷蔵庫を開けると、いつもの流れで飲み物をコップに注ぐのですが、その音を「トロトロトロトロー」

という感じで真似したり、主人がくしゃみをするのと同時にくしゃみの真似をしたり、カーテンを引く時に一緒に「シャッ」といったり、と思わず笑ってしまうことがたくさんあります。これからも長生きして和ませてほしいです。